スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【新・関西笑談】サッカーに乾杯(4)元日本代表FW 西澤明訓さん(産経新聞)

 ■「モリシ」は尊敬するライバル ともに切磋琢磨し名コンビに。

 −−西澤さんといえば、日本代表でもセレッソ大阪でも一緒に活躍した4歳上の森島寛晃さん(現C大阪アンバサダー)との名コンビが思い出されます。お二人は何も言わなくてもお互いのことが分かるというような関係でしたか

 西澤 そんなわけないでしょ、分からないですよ。

 −−では、なぜあれだけ息が合ったプレーを

 西澤 いつも言うんですけど、一緒にいる時間が長かった。だって、チームでは毎日練習し、試合して。代表でも厳しい試合に一緒に出て、プライベートでも一緒にめしを食いに行ったりとか。だから「この人がこういう顔をしたときは、だいたいこういうことを考えている」「こういうポジションで、こういうボールの持ち方をしたときには、ここに球が出てくる」ぐらいは。『あうんの呼吸』とか、みなさん言うけど、誰でもそんな長く一緒にプレーしていれば、そうなりますよ。

 ただ、モリシ(森島)のプレースタイルが僕のやりたいスタイルにうまいぐあいにマッチしたというのはあると思います。

 −−森島さんはライバルでしたか

 西澤 ライバルですね。負けたくない。モリシに球をとられたりすると、むしょうに腹が立つというか。ほんと練習では、いつも“削り”に行ってましたもん、本気でね。

 −−森島さんの方も?

 西澤 来てましたね。やり返してやりましたけど。

 −−いつごろからそういう関係になったのですか

 西澤 やはり一緒に試合に出るようになり、一緒に日本代表に選ばれるようになってからですかね。モリシの方が先に代表に行っていたので、「モリシ、どうしたらいいの」とか聞いて。完全に“慣れ”ました。

 −−最初から「モリシ」と

 西澤 最初は「モリシ」なんてとても呼べない。高校時代から見てましたからね。グラウンドの隅の方から眺めて「やべぇ、森島いるよ」という感じで。(いつ『森島さん』から『モリシ』へ?)いつの間にかですかね。

 −−お互いに尊敬

 西澤 僕は尊敬してますよ、もちろん。

 −−清水で引退するつもりだった西澤さんが最後、セレッソに戻ったのも森島さんが関係しているのですよね

 西澤 オファーがあったこともあるのですが、モリシが首を痛め、本人も一番悔しい中で引退せざるを得ない状況になった。本人からもそういう話を聞いていたし、「まだやれるんじゃない」みたいなことも言われた。それに、自分が清水に移籍した年(2006年シーズン)に、セレッソをJ1(1部)からJ2(2部)に落としてしまったことが頭にあって。それで、最後に何かしらの力になれるのなら、と話を受けました。(聞き手 月僧正弥)

移動販売アイス店にみかじめ料を要求 組幹部に中止命令(産経新聞)
母親の内縁夫の初公判は7月23日 西淀川女児遺棄致死事件(産経新聞)
将棋 羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)
海保に警戒強化指示 前原国交相(産経新聞)
悪質業者の取締強化へ 警察庁が児童ポルノ対策会議(産経新聞)

入管 収容者が待遇改善求めハンスト 今月10日から(毎日新聞)

 「牛久入管収容所問題を考える会」(茨城県つくば市)は14日、東日本入国管理センター(同県牛久市)に収容されている外国人約390人のうち男性約70人が待遇改善を求め今月10日から食事を取らないハンガーストライキを続けていることを明らかにした。同会の田中喜美子代表は記者会見で「センターの対応次第では、17日からさらに約40人がハンストに参加すると言っている」と話し、早期の仮放免実現などを訴えた。

 同会によると、ハンストしているのは12カ国以上の男性で、ほとんどが難民認定申請者という。同会メンバー7、8人が今月12日、センターを訪れ、60人以上の収容者と面会。直接、間接的に確認できたハンスト参加者を集計したという。一方、センターは毎日新聞の取材に「ハンストは38人で始まり、14日現在で32人に減った」と述べ、参加者数に食い違いがある。

 記者会見で田中代表らはセンターの実態について、一室に5〜10人を収容し、1日数時間しか室外に出られないと指摘。入管法で仮放免にはセンター所長が定める保証金(上限300万円)が必要だが、同センターでは50万円以上を求められることが多く、保証金が用意できないために収容期間が長引くケースが多いという。同センターによると、今月7日現在で、1年以上の収容者は50人いる。

【高橋慶浩】

介護・看病疲れで自殺、過去最多(医療介護CBニュース)
ワクチン投与で地元首長と協議=「農家の理解得たい」―山田農水副大臣(時事通信)
妻から病腎移植の男性死亡 宇和島徳洲会病院で3月手術(産経新聞)
校舎屋上から煙、見れば中2がバーベキュー(読売新聞)
<口蹄疫>大分・鹿児島も種牛の避難検討(毎日新聞)

ニセ女医の「勤務先」、実際は「通院先」(読売新聞)

 岩手県立宮古病院に循環器科医として着任予定だった一宮輝美容疑者(44)が無資格だったとされる事件で、宮古署に医師法違反容疑で逮捕された一宮容疑者は、調べに対し「借金があった。生活保護を受けていた」などと話していることが10日、捜査関係者への取材でわかった。

 また、一宮容疑者は大阪赤十字病院(大阪市天王寺区)を「勤務先」と説明していたが、実際は患者として受診していた「通院先」だった。

 同病院によると、一宮容疑者は約1年前まで通い、複数の診療科にかかっていた。大阪赤十字病院のホームページに一宮容疑者の名前が載っていないことを指摘された際には、「患者から暴力を振るわれ、弁護士と相談している最中で、名前は伏せてある」と話したという。

 着任前には、入居する公舎に備える家電製品について、「大阪ではBMWに乗っている。家にあるテレビは50型」などと言い、大型の薄型テレビを要求。宮古病院側は「さすがに高価すぎる」と、20万円相当のやや小型のものを用意した。洗濯機も「左腕に力が入らない」と言われ、最新式の斜めドラム式を調えた。

【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)
<将棋>1、2局に続き横歩取り 名人戦第3局(毎日新聞)
ニセの障害者手帳で高速料金を不正割引(読売新聞)
皇太子さま、首都圏外郭放水路に(時事通信)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)

「韓国側論文は低水準」 藤岡会長「新しい歴史教科書」批判に反論(産経新聞)

 「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝会長は24日、東京都豊島区で講演し、日韓歴史共同研究の第2期報告書で韓国側が扶桑社の「新しい歴史教科書」を「右翼教科書」などと非難したことなどに触れ、「韓国側の論文は基本的な事実に誤りがあり、低水準」と反論した。歴史教科書をめぐる日韓摩擦で始まった共同研究自体についても「韓国をなだめる目的で、学問研究が曖昧(あいまい)になっており、無意味」と厳しく批判した。

 講演で藤岡会長は、韓国側の研究が、軍需工場に勤労動員された「女子挺身(ていしん)隊」と、存在自体が議論になっている「従軍慰安婦」を混同していることなどを例にあげ、「学問研究と呼ぶに値しない」と批判した。

 日韓共同研究は小泉政権時代に、歴史教科書をめぐる日韓摩擦を受けて始まった。日韓の学者・研究者が参加して行われ、今年3月に第2期報告書をまとめたが、両国の考え方に開きがあり、日本側の研究者からも「議論が全くかみ合わない」「議論が不毛」という批判が出ていた。

【関連記事】
韓国「まず攻撃ありき」で認識平行線 日韓歴史共同研究第2期報告書
「つくる会」を執拗に批判 自虐史観を評価  日韓歴史研究
「日本書籍」が撤退 歴史教科書、自虐史観批判を受け
日韓歴史研究 認識の共有はやはり幻想
扶桑社教科書シェア増加 つくる会は控訴断念
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

医療費を国際比較する統計で議論へ−厚労省検討会初会合(医療介護CBニュース)
殺人容疑で男4人再逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
ポートアイランド 工事現場の鉄板盗難(産経新聞)
沖縄知事「県内反対」の県民大会に出席表明(読売新聞)
飲食店でカード不正使用=容疑でナイジェリア人経営者ら逮捕−被害11件・警視庁(時事通信)

V9巨人のエース堀内氏、自民が参院比例選に(読売新聞)

 自民党は夏の参院比例選にプロ野球・巨人前監督の堀内恒夫氏(62)を擁立する方針を固めた。

 堀内氏はV9時代の巨人のエースとして活躍。203勝の成績を残して、引退後の2008年に野球殿堂入りした。堀内氏は21日朝、読売新聞の取材に対し、「自民党から話は来ている。周りにも相談して近く決めたい」と語った。

「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?(産経新聞)
通天閣ロボ 「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
近所住民「まさか…」 堺の1歳児死亡、また虐待か(産経新聞)
「首相は外交下手」社民政審会長(産経新聞)
全国学力テスト 4回目開始 今回から3割の抽出方式に(毎日新聞)

愛知3遺体遺棄 逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)

 長野市の建設業、金文夫さん(62)ら家族3人が愛知県西尾市内で遺体で見つかった事件で、長野県警は16日、3人の死因が首を絞められた窒息死と発表した。捜査関係者によると、死体遺棄容疑で逮捕された会社員、伊藤和史(31)ら4容疑者のうち3人も、被害者3人を長野市内の金さんの自宅で殺害し、車で西尾市内の資源置き場に運んで遺棄したと供述。県警は同日、殺人・死体遺棄事件として長野中央署に捜査本部を設置した。

 県警によると、司法解剖の結果、被害者3人は死後2〜3週間が経過していることが分かった。3月下旬に捜索願が出される直前に、ひも状の物で殺害されたとみられる。4容疑者のうち、否認していた1人も死体遺棄容疑を認め、引き続き殺害への関与や動機を追及する。金さんら3人が埋められていた西尾市南奥田町の資源置き場は、同市熊味町下池田、自営業、斎田秀樹容疑者(51)が仕事で借りていたという。

 県警は16日、資源置き場で現場検証を実施。捜査員約15人が午後0時50分ごろから、雨が降る中、青いシートで囲まれた遺体発見場所で遺留品などがないか調べた。【大島英吾、小田中大、佐野裕】

【関連ニュース】
愛知・遺体遺棄:容疑者の一部、殺害認める 3人身元確認
貸倉庫殺人:愛知で3遺体発見 遺棄容疑で4人逮捕
貸倉庫殺人:長野の不明3人を捜索 愛知で遺棄情報
殺人・死体遺棄:貸倉庫遺体の身元を確認 長野県警
遺体発見:車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野

「日本の存在示せた」=鳩山首相、帰国の途に(時事通信)
鴻臚館跡事務所火災 連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
新党?連携? 舛添氏、あす東国原氏と会談 橋下氏は連携否定(産経新聞)
国家築くロマン、全身で感じる 平城遷都1300年祭(産経新聞)
気象 東京都心に41年ぶり「遅い雪」…千葉は記録更新(毎日新聞)

鳩山首相、「5月決着」伝達へ=普天間で米大統領に(時事通信)

 【ワシントン時事】鳩山由紀夫首相は12日夜(日本時間13日午前)、核安全保障サミットの夕食会でオバマ米大統領と非公式に接触し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、5月末までに決着させるとした日本政府の方針を説明する。
 今回の首相訪米では、正式な日米首脳会談は見送られた。一方、夕食会で首相は大統領と隣り合わせとなる見通しだ。
 普天間問題で日本側は、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行計画に代え、鹿児島県徳之島への訓練移設と、キャンプ・シュワブ陸上部(名護市など)にヘリ離着陸帯を建設する案を組み合わせることを検討している。首相は席上、大統領にこうした日本の検討状況を説明し、5月末までの決着に向け協力を要請する考え。
 しかし、米側は基地機能の分散移転は部隊運用に支障が出るとして難色を示している。また、移設先の地元合意を取り付けることも求めているが、日本側では沖縄に加えて徳之島でも移設反対の動きが強まっている。このため、大統領が首相の説明にどのような反応を示すかが注目される。 

西山元記者「超完勝だ」=判決に拍手−沖縄密約訴訟原告(時事通信)
強制送還中の機内で暴行=ナイジェリア人の男起訴−成田空港(時事通信)
<厚生年金基金汚職>元理事が退職後も月18万円(毎日新聞)
京都知事に山田氏3選=共産推薦候補退ける(時事通信)
蘇ったキトラの壁画石室 複製陶板で凹凸や土質まで(産経新聞)

由美かおるさん「黄門」降板(時事通信)

 TBS系の人気時代劇シリーズ「水戸黄門」に、1986年から女忍者役で出演している由美かおるさんが12日から放送される第41部を最後にレギュラーの座を降りることになり、TBSで5日記者会見した。
 入浴シーンで人気を博した由美さんは「お風呂にただで入れなくなってしまいました。これからはファンのために講演やコンサートをやっていきたい」と話した。 

大手町駅ホームで突き落とし(産経新聞)
<NHK>「みんなのうた」に不適切映像 画像を修正へ(毎日新聞)
行員演じ現金引き出す=詐欺容疑で2人逮捕−関西で4000万円被害か・兵庫(時事通信)
新党からの参院選出馬を否定=石原都知事(時事通信)
医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会(医療介護CBニュース)

【ネット番記者】ウルトラの国の社会事情(産経新聞)

 地球からはるか300万光年。M78星雲にあるウルトラの国でも、ネットは生活に欠かせない。毎年4月1日は、年に一度、地球からのアクセスが出来る貴重な日である。

 昨年は、お金を食べないと死んでしまう怪獣カネゴンが「宇宙的な経済危機」の中で生命の危機を感じながらブログを書いていたり、ウルトラマンたちの活躍で黒幕が倒され仕事がなくなった宇宙人たちが集まる「派遣星」が話題になっていたりと、我々地球人も身につまされる世界が広がっていた。

 円谷プロダクションが、エイプリルフールに公式サイトに仕掛けるジョークなのだが、その内容の充実ぶりには驚かされる。今年もウルトラの国とつながるのだろうか。バルタン星人が分身して、子ども手当を荒稼ぎしていないといいのだが…。(織田淳嗣)

 http://m−78.jp/

写楽の傑作、35年ぶりにオークションに(産経新聞)
<亀井郵政相>仙谷戦略相を批判「郵政問題は1、2周遅れ」(毎日新聞)
「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)
「首相にふさわしい」大差で舛添前厚労相(読売新聞)
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官(時事通信)

「離婚する確率」30% 40年前の4・5倍に 厚労省統計(産経新聞)

 結婚した人が離婚する確率が約3割に上ることが25日、厚生労働省の統計で分かった。最低だった40年前と比べ約4・5倍に増えている。離婚件数は平成14年をピークに6年連続で減少傾向にあるが、離婚する確率は上昇し続けている。

 離婚の確率については、全国民に占める離婚者の割合を厚労省が「離婚率」として毎年公表。最新の20年の離婚率は0・199%だった。しかし、これは未婚者や子供なども母数に含まれるため、実態とはかけ離れていた。そこで、今回の統計では結婚した人と離婚した人の割合を初めて算出した。

 その結果、平成17年に結婚した人と離婚した人の割合は1対0・3だった。この割合が今後も変わらないと仮定すると、結婚した人の約30%が離婚することになる。同様の計算を過去にさかのぼると、昭和40年に離婚した人の割合は約7%で、以降、上昇が続いている。厚労省によると、離婚件数も平成14年までは上昇傾向だったが、同年の29万組をピークに6年連続で減少。しかし、結婚する人も減っており、離婚する割合で見ると増加している。

 年齢別では男性が20〜24歳、女性が19歳までの年齢で最も多く、おおむね若いほど離婚の確率は高かった。また、離婚届を出すまでの別居期間は、年齢が高いほど長い傾向が見られた。

 立命館大文学部の宇都宮博准教授(家族心理学)は「家制度が強かった時代は『家』を絶やさないことに重きが置かれ、離婚に対する周囲の風当たりも強かった。しかし、現在は愛情による結びつきが強く、当事者の意志で離婚がしやすくなっている。共働き世帯が一般化しつつある中、社会が今後どのような支援を行うかも大切な課題だ」と話している。

【関連記事】
離婚しても親は親 子供の「共同養育」へモデル案公表
考えはどこに とりあえず幸せ探し、「婚活」で下がるハードル
人口減、過去最大に 平成21年推計
安易な結び付き 若年離婚増の原因に?
夫に内緒で着々「離活」 相談激増…熟年も若夫婦も
あれから、15年 地下鉄サリン事件

鳩山内閣は「学級崩壊」 自民党やTBSに笑われる(J-CASTニュース)
<公訴時効見直し>刑訴法改正案が参院法務委で審議入り(毎日新聞)
留め具が屋内用、劣化し通信線垂れる…JR停電(読売新聞)
<架空増資>トランスデジタル元副社長ら追起訴(毎日新聞)
また大阪の地下鉄…朝ラッシュの事故に怒りの声(産経新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
安田記念
レンタルサーバー
ネットビジネス
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 即日
天皇賞 春
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM